面接室でのマナー

レディ

控室で静かに待つ

面接試験の際に、大切なことはたくさんあります。会場についたときから試験は始まっているのです。ですから、入室と着席までの流れを把握しましょう。面接前には控室へ案内されるので、自分の番がくるまでは姿勢を崩さず静かに待つようにします。

呼ばれたら返事をする

控室に座っていて、自分の順番が来た時は、担当の方に名前を呼ばれます。名前を呼ばれたらはっきりとした声で「はい」と返事をするようにしましょう。

ドアをノックして合図のあとに入る

面接室に入る時は、面接室のドアを2回ノックすることがマナーです。その時に中から「どうぞ」と聞こえたら丁寧に面接室に入り、「失礼します」と言います。

ドアの閉め忘れに注意

面接室に入ったらドアをゆっくりと閉めましょう。ドアの閉め忘れに注意です。ドアを締めたら面接官の方々へお辞儀をします。また、自分の名前とどこの学校から来たのか、簡単な自己紹介をします。

声をかけられたら着席する

面接官の方に「どうぞ、お座り下さい」と言われたら席につきます。「失礼します」と言って座るようにしましょう。また、この時姿勢を正して、しっかり座るようにするといいです。

面接は始めが大切

面接での評価は、高校や大学の合否を決める大事な要素です。その中でも、面接始めの入室と着席のマナーは知っておくと役に立ちます。

面接に関してのみんなの口コミ

面接練習の大切さを実感

人と話すのが苦手な僕ですが、大学受験の際に面接があり、どうにか成功させるべく、何回も面接練習を友達や先生方と繰り返していました。そのおかげで本番当日は自分でも満足行く受け答えができて合格することができました。

自己分析しておいてよかった

専門学校受験の面接前にしっかりと自己分析をして自分の長所や短所、好きなことなどを徹底的にまとめました。自己分析をしていたおかげで、面接時にはスムーズに受け答えができ、合格できました。

身だしなみも気をつけよう

これから大学受験で面接がある高校生に伝えたい事は、身だしなみに気をつけようということです。僕は人一倍身だしなみに気をつけることで面接官に当日「爽やかだね」と褒めてもらえました。

自分に合った大学を選べた

受験や面接を考える前に自分に合った大学を選ぶことが大切だと感じました。自分の目指すゴールや学びたい学部がある大学だと自然と面接での受け答えもやりやすくなります。

資格取得でさらに有利になった

自分の好きな学問で難しい資格をとると、面接官に自分の強みや積極的に勉強ができるという点をアピールできるのでとても有利になると感じました。

[PR]

面接のマナーについて知る。
受験に打ち勝つ方法まとめ☆

こちらも要チェック

女子高生

気をつけるくせ

面接時には緊張のあまり、つい自分のくせが出てしまうことがあります。ここでは、多くの方がやってしまう気をつけなければならないくせを紹介しています。

READ MORE
女の人

間違えやすい敬語

面接時に大切な要素の1つに敬語の使い方があります。敬語の中でも間違えやすく、勘違いして使ってる方が多い敬語をまとめました。予習しておくことで、面接時の失敗をなくすことができます。

READ MORE
先生と生徒

好印象を与える要素

受け答えも面接の時は大事な要素ですが、受け答え方やマナーだけではなく、面接官にさらに好印象を与えることができるポイントを紹介しています。

READ MORE
虫眼鏡を持つ人

長所の答え方

面接でよく聞かれる質問が「あなたの長所」です。この長所の答え方で面接の合格結果も大きく変わります。その面接時の自分の長所の答え方について分かりやすく解説しています。また、面接時に気になる疑問をQ&A方式で紹介。

READ MORE
広告募集中